東京ではすぐに出会いに踏み入れていました
0

    東京のハートビートが高く聞こえるほど高く聞こえ、バスローブからラウンジウェアに切り替えました。すぐに階下に下がりました。

    そして、東京が竹の壁で大邸宅の門に触れたとき、扉は容易に開けられなかった。

    私はある日、罪悪感と合理主義の隙間を揺らしながら、庭に足を踏み入れていました。

     

    東京 出会い

    私がエッジの端に近づいたとき、足音が隠れていると感じました。私はその部屋からあふれる吸血鬼の光に気付きました。そして、私は自分自身をすばやく隠していました。

    "ああ、ああ、行くつもりだ!"

    私は耳を傾けながら瞬間的な声を立てることができませんでした。

    "東京

    私が覗き込んだ日本の部屋では、ランタンのライトが点灯し、スクリーンドアの上に浮かんでいる男女の裸の身体を見つめていました。

    posted by: tokio863 | - | 12:45 | comments(0) | - |